事業用免許取得の条件

ドクターヘリなど、ヘリコプターを使った仕事に携わりたいと考える方は、回転翼事業用操縦士を取得する必要があります。自家用の免許ではこのような事業に関わる業務に就く事は出来ませんので、必要な資格を揃えなければなりません。回転翼事業用操縦士の免許を取得するには条件があり、飛行時間に関連する要件を満たす必要があります。総飛行時間が150時間以上、貴重時間が35時間以上、野外飛行が10時間以上、夜間飛行が5時間以上、計器飛行が10時間以上、オートローテーション着陸が最低1回必要です

また、その他にも貴重としてヘリコプターを操縦したいのであれば、必要な免許や資格が存在します。必要な検査としては、第1種航空身体検査で、指定の医療施設で年に一回必要となり、各眼が裸眼あるいは矯正で0.7以上必要となるほか、両眼も裸眼あるいは矯正で1.0以上の視力が必要です。必要な資格は、航空特殊無線技師と航空無線通信士が求められます。航空無線通信士は、事業用操縦士として運送に関連する事業に使う際に必要となります。この資格を取得している場合には、航空特殊無線技師の資格は必要なくなるのです。ヘリコプターを操縦して勤められる勤務先は豊富にありますので、希望する方はライセンス取得のために、準備を行いましょう。