パイロットになるには

ヘリコプターの操縦士は今不足している傾向にあると言われており、様々な現場で操縦士が求められています。ヘリの免許を使用する就職先は様々で、海上保安庁や国土交通省、あるいは消防庁などの国に関わるお仕事のほか、空撮や防災ヘリコプターなど民間の仕事もあります。ドクターヘリのような、人命救助に関わる職業もまた、ヘリコプターの操縦士が活躍する場の一つです。

ドクターヘリにしろ、そのほかの職場にしましても、それらの職場で務めるためには、事業用のヘリコプターの免許を取得する必要があります。ヘリコプターの免許を取る手段は様々ですが、まずは自家用ライセンスを取得し、内部養成を行っている官公庁の試験に挑戦するのが一般的な流れです。ただ、自家用のライセンスのみでは、当然ですがいずれの事業に務める事が出来ませんし、基本的に求められません。そのため、自家用のライセンスを取得し、事業用ライセンスを取得するための訓練を行ったのち、希望する業種の募集に応募するという形になります。事業用の操縦士の資格を取得するためには様々な要件があります。将来的にヘリコプターを使用する事業へ携わりたいと考える方は、ヘリコプターの免許について詳しく調べてみてはいかがでしょう。

<参照HP>ヘリ免許取得 – アルファーアビエィション