事業用免許取得の条件

ドクターヘリなど、ヘリコプターを使った仕事に携わりたいと考える方は、回転翼事業用操縦士を取得する必要があります。自家用の免許ではこのような事業に関わる業務に就く事は出来ませんので、必要な資格を揃えなければなりません。回転翼事業用操縦士の免許を取得するには条件があり、飛行時間に関連する要件を満たす必要があります。総飛行時間が150時間以上、貴重時間が35時間以上、野外飛行が10時間以上、夜間飛行が5時間以上、計器飛行が10時間以上、オートローテーション着陸が最低1回必要です

また、その他にも貴重としてヘリコプターを操縦したいのであれば、必要な免許や資格が存在します。必要な検査としては、第1種航空身体検査で、指定の医療施設で年に一回必要となり、各眼が裸眼あるいは矯正で0.7以上必要となるほか、両眼も裸眼あるいは矯正で1.0以上の視力が必要です。必要な資格は、航空特殊無線技師と航空無線通信士が求められます。航空無線通信士は、事業用操縦士として運送に関連する事業に使う際に必要となります。この資格を取得している場合には、航空特殊無線技師の資格は必要なくなるのです。ヘリコプターを操縦して勤められる勤務先は豊富にありますので、希望する方はライセンス取得のために、準備を行いましょう。

パイロットになるには

ヘリコプターの操縦士は今不足している傾向にあると言われており、様々な現場で操縦士が求められています。ヘリの免許を使用する就職先は様々で、海上保安庁や国土交通省、あるいは消防庁などの国に関わるお仕事のほか、空撮や防災ヘリコプターなど民間の仕事もあります。ドクターヘリのような、人命救助に関わる職業もまた、ヘリコプターの操縦士が活躍する場の一つです。

ドクターヘリにしろ、そのほかの職場にしましても、それらの職場で務めるためには、事業用のヘリコプターの免許を取得する必要があります。ヘリコプターの免許を取る手段は様々ですが、まずは自家用ライセンスを取得し、内部養成を行っている官公庁の試験に挑戦するのが一般的な流れです。ただ、自家用のライセンスのみでは、当然ですがいずれの事業に務める事が出来ませんし、基本的に求められません。そのため、自家用のライセンスを取得し、事業用ライセンスを取得するための訓練を行ったのち、希望する業種の募集に応募するという形になります。事業用の操縦士の資格を取得するためには様々な要件があります。将来的にヘリコプターを使用する事業へ携わりたいと考える方は、ヘリコプターの免許について詳しく調べてみてはいかがでしょう。

<参照HP>ヘリ免許取得 – アルファーアビエィション

ヘリ免許を活かして働く

ヘリコプターは回転翼をエンジンで回して浮力をつけ、地上滑走がなくとも発着出来る航空機です。これはヘリ免許を取得する事で操縦出来るようになります。また、ヘリ免許を取得すると、ヘリコプターの操縦によって勤められる仕事があります。当サイトでは、ヘリ免許を役立てた職業について紹介しています。

ヘリコプターの特性が活かされた職業は様々で、例をあげるのであれば、人命救助だったり物資を運送するためだったりする形で使用されています。普通自動車を運転するためには、一種や二種というような区別がありますが、これはヘリコプターにも同様です。個人的な趣味として扱うのか、あるいは何かしらの職業で使用するのかなど、シチュエーションに分けられた資格が存在します。

もし、日本国内にてヘリコプターを使用する職業に就きたいのであれば、事業用操縦士免許が必要です。この資格を取得できれば、ヘリコプターを使った時用にて、パイロットとして働く事が出来ます。自家用操縦士免許とは違い、海外で取ったライセンスを、日本国内で使用するために書き換える事が出来ません。日本でヘリコプターを運転するには、国土交通省による試験に受からなければならないのです。ヘリコプターを使った仕事は、国を守る業務から、一般的な企業で勤められるなど、活躍の場はたくさんあります。もし、ヘリコプターの操縦士として活躍したいと考えているのであれば、まずはどのような業種があるのか知ってみると良いでしょう。